CHOP-ME-NOT

カレー食べたい。

Contents

Follow me / Contact me

  • RSS Feed
  • Twitter
  • Tumblr
  • Facebook
  • メールを送りつける

◆2012/11/18 小説集『突き抜け5』できました!◆
『眠るのにいい時間』という短編小説を書きました!こちらで買えます


またマンガ描いた。

子供の日にコミティアという同人マンガ即売イベントに行ってきました。

マンガを描いたからです!

いつも誘いが来るビッグシシューという無料配布マンガ雑誌に4コマ漫画を描いたのでした。現役のプロ漫画家さんも参加しているけど確実に参加者一人あたり1万円の赤字が発生するストイックな同人誌です。だって無料配布ですから。

The Big Sissue Vol.4
表紙。この女性たちが誰かはわかりません。

描いたマンガ
描いたマンガの1コマ。美容室のシーンです。

1年に2回発行していて、いつもは文学フリマで小説集『突き抜け』の販売と並行して配布しているのですが、今回文学フリマへの出店がなかったことでコミティアに出店したのでした。

それにしても同人マンガ業界(コミティアは二次創作禁止のイベントですのでその範囲ですが)に触れたことがありませんでしたので、自分の描いたマンガとビッグシシューがどれほどの位置付けなのかということに興味がありました。つまりクオリティで他誌と堂々と勝負できるのかということです。

結論としては、コミティアぱねえと思いました。

これ全員プロで活躍してらっしゃるでしょう、と問いかけたくなるほどすげーうまいマンガばっかりでした。もちろん実際にプロが参加していることもあるでしょうが、一応はアマチュアの祭典ということで、それでこんなに平均レベルが高いならマンガ業界で売れるのは棘の道だと痛切に思いました。

そして、自分こんなん恥ずかしげもなく出していていいのか、と、うなだれました……。

描き上げた時は「よっしゃ!これ傑作きた!」と思ったものですが、改めて読むとイマイチな気がしてくるものですね。今回は3作目でして、今までと違う発想の仕方でマンガのネタを考えたのです。具体的に言うと、大喜利のお題に答える感じでネタを考えたのです。しかしそれは自分に合わないのかもしれません。ただただナンセンスに展開する方がしっくりきます。

ともあれ、そんな私のマンガが載っている『ビッグシシュー』はまだ在庫があります。しかしどこにあるかは把握していませんので、もし興味があるという方がいらっしゃいましたら探してみますので気軽にお申し付けください。私以外の掲載マンガもすごくおもしろいですよ!

そして次回はもっとおもしろいもの描きますよ!

Tags [] [] [] []

▲TOP