CHOP-ME-NOT

5月から9月まで夏だと思う。

Contents

Follow me / Contact me

  • RSS Feed
  • Twitter
  • Tumblr
  • Facebook
  • メールを送りつける

◆2012/11/18 小説集『突き抜け5』できました!◆
『眠るのにいい時間』という短編小説を書きました!こちらで買えます


凶なんて区を横にしただけさ。

新年明けました。おめでとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

初詣は例年通り川崎大師へ参りました。川崎市民のたしなみです。なにせ川崎市で名の知れたスポットは川崎大師か岡本太郎美術館くらいですからね。あとはせいぜい、とどろきアリーナも入れていいかもってくらいでしょうか。あ、ラゾーナはどうだろう。

……そんな話はどうでもよろしい。

川崎大師

詣でたのは朝9時ごろですが、割と空いていました。
ゆっくりすすんでくださーい」のプラカードはいつも通りで安心しました。

せっかく詣でたのですから、おみくじくらい引いておかないといけませんね。

凶

でした。

まあ今日日、凶なんて珍しくもなんともありません。ちゃんと利き腕と反対の腕で棒にくくりつけてきたので大丈夫でしょう。ははは。

と、ただ凶を引いただけならそう思えるのですが、今回はちょっとよくない手順を踏んでしまったので心に引っかかるものがありました。

– – – – –

元日でしたので、割と空いているとはいえおみくじコーナーには行列ができていました。私も並んで順番を待ち、数分後にやっと自分の番が回ってきました。100円玉を皿に置き、大きな筒を持って逆さまにします。それで小さな穴から棒を出すわけですが、逆さまにした瞬間に棒が一本飛び出してきたのです。

そのとき私は思いました。普通、筒を逆さまにしてシャカシャカ振ると一本出てくるものだ。逆さまにした瞬間に出てくるということは、前の人が戻した棒がシャッフルされずにそのまま出てきたのではないか。それはシャカシャカルールにのっとっていない気がする。ちゃんとシャカシャカしないといけないぞ、と。

それで私は飛び出た棒を筒に戻し、改めてもう一度シャカシャカ振って棒を出しました。その結果がだったわけです。

棒を筒に戻したとき、自分なりに正当性を感じてその行為に及んだはずなのですが、少しだけ罪悪感がありました。一度出した棒を戻すことが本当に正しいのかという迷いがあったのです。

冷静に考えると、棒は筒より十分に短いので前の人が戻した棒が穴にひっかかったままということは考えにくいです。言い換えれば、シャカシャカせずに出てきた棒が前の人と同じ可能性はそんなに高くないぞということです。しかしながらその判断ができなかったのは、行列ができていて速く終わらせなければならないという焦りがあったせいでしょう。そういうとっさの時こそその人の本性が露わになるのだとすると、結果として凶が出たのは神仏から「戻すなよ!冷静になれよ!あと顔怖いよ!」と総ツッコミを受けたように思えたのです。顔怖いは余計ですが。

今年はこれを教訓に、もっとどっしり構えようと思います。他人に迷惑をかけないようにするあまり他の面で不都合を生じさせてしまっては仕方ないのだぞ、と心に刻みます。今年の抱負第10位くらいに。

よーし、今日はもう寝て、近いうちおみくじ引き直すぞー(誤った判断)。

Tags [] [] [] [] [] []

▲TOP


12