CHOP-ME-NOT

カレー食べたい。

Contents

Follow me / Contact me

  • RSS Feed
  • Twitter
  • Tumblr
  • Facebook
  • メールを送りつける

◆2012/11/18 小説集『突き抜け5』できました!◆
『眠るのにいい時間』という短編小説を書きました!こちらで買えます


うまく眠れますように。

いやー、最近どうも心身がローテンションでして、心の風邪についてネットで自己診断などしたりして過ごしていました。仕事中にじゃないですよ。え、診断結果ですか?FAXしましょうか?

今日は夕飯を外で食べてたんです。店に入って席に着いたら、となりのテーブルで女子大生と思しき二人組が楽しそうにしゃべっておりました。聴き耳を立てたつもりはないのですが、いかんせん隣席ですし、声が大きいですし、話している内容はこんな感じですからね。そりゃピクリと反応してしまいます。

「まじ、あいつキモイ!」
「超キモイ!」

誰かが誰かをキモイなんて言わない世の中になればいいな、なんて(それこそキモイと言われそうなことを)考えながら料理が運ばれるのを待っていました。しかしただ待っているとどんどんと彼女らの話が耳に飛び込んで来ますので(耳にふたはない)、アイフォーンをいじることに意識を集中してやり過ごそうとしていました。

でもやはりマイイヤーはキャッチしてしまいました。こんな言葉を。

うちらみたいな優しい人たちじゃなかったら、あいつ絶対いじめられてるよw

料理が運ばれて来ました。口の中にせっせと入れても、味がしない。

大津市のことがあるじゃないですか。それで自分の過去も思い出すじゃないですか。そしてこんな言葉を聞くじゃないですか。いじめが発生している時、いじめている側は自分の行為に「いじめ」という名前をラベリングしないんだろうなと思います。「いじり」くらいの感覚ですよね。想像ですけど、彼女らのおしゃべりの俎上にあがっているあいつは、きっとつらいんじゃなかろうか。

先日ツイッターでこんなツイートが流れてきました。

ほんとそうですね。

ああ、疲れました。寝ます。うまく眠れますように。

Tags []

▲TOP